TKCシステムQ&A
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
翠正男経営会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
名古屋税理士会 岐阜北支部所属

経営計画

HOME連続黒字の為に経営計画

経営計画書とは

 経営計画書とは、あなたの頭の中にある夢・アイデアを「文字」「数字」を使い、目に見えるものにしてくれます。経営計画書を作ることで事業を客観的に見つめることができ、実現するために何をしなければいけないかが明確になります。

必ずある、社長のアイデアを

必ずある、社長のアイデアを

 世の中には、カッコいい経営計画書があふれています。そのような経営計画書はおおよそ、銀行からの融資を目的として、税理士等が作成を請け負っているものがほとんどです。中には数百万円も投資した計画書も見受けられます。
 でも、そのほとんどは作成しただけで終わっていませんか?
 実際、税理士の立場からすると作成しただけで終わっていることがほとんどです。なぜならばそこに「魂」が入っていないからです。
 でも、経営計画書の本当の目的は、社長の事業における目的を集約したものであって、経営に役立ててこそ本来の目的を果たすものです。
 私も自分で実際に経営計画書を作成した際は、ものすごく悩みました。経営計画書のポイントを猿真似したにもかかわらず。
 初回の経営計画書は、本来作成に時間がかかるものです。なぜならば、将来ありたい事業の姿を初めて「文字」と「数字」で表現しなければならないからです。
 これは、税理士やコンサルタント等ではできません。会社の有りたい姿を知っているのは、社長だけですから。
 ただ、我々は経営計画書の作成ポイントやまとめる方法を知っているから事業作成書を作成するお手伝いをすることができるだけです。
 翠正男経営会計事務所は経営計画書について、そのように考えていますので、基本的な経営計画書については特別な高い料金はいただいていません。
 さあ、あなたのアイデアを「経営計画書」にまとめてみましょう。

経営計画書とは
経営計画書をまとめてみたい。

経営計画書の作成ポイント

 経営計画書の作成にはポイントがあります。
そのポイントとは、以下の手順によります。

経営計画書の作成ポイント

 翠正男経営会計事務所は、経営計画書の神様といわれる一倉定先生の経営計画書の作成方法を基本コンセプトとし、TKCの継続MASによって財務諸表計画を作成します。

経営計画書の重要性

 経営計画をつくる意義として、「目的や目標を共有する」ということがあります。でも経営計画書を作るメリットは他にもたくさんあります。その中で私が特に効果があると思っていることを書きます。
 それは、「目の前のことに集中できて、焦りや不安を少なくすることができること」です。スポーツをやられている方は理解していただきやすいと思います。

経営計画書の重要性

 たとえば、6ヶ月後にフルマラソンを4時間で完走するという目標を立てたとします。そうするとあなたはどのようなことをするでしょうか?

  1. 本番でどう走るか(1キロ何分ペースで走るか)をシミュレーションする。
  2. 今の自分の実力を確認する。
  3. 本番までにつけたい走力と今の走力のギャップを埋めるためのトレーニングの計画を立てる。(Plan)
  4. トレーニングの計画を実行する。(Do)
  5. 定期的にトレーニングがうまくいっているかのチェックをする。(Check)
  6. ダメならば、計画を立て直す。(Action)

 一般的には、このようなことをすると思います。そうすると、経験者で自分のパターンが分かっている人だと、自分の決めた計画通りにトレーニングをすれば、結果が出せると分かっているので、毎日のスケジュールを自分のペースで実行することに集中できます。
 初心者の場合でも、過去の別のスポーツでの経験を参考にしたり、周りの先輩ランナーの話しを聞いたり、雑誌や本の記事を参考にすることで、経験不足を補って、自分に合った計画を立てることは可能です。
 このように計画を立ててそれを実行する人は、今日やるべきことの積み重ねがゴールにつながっていると分かっているので、焦らず、落ち着いて、目の前のことに集中できるはずです。
 ビジネスの事業計画もシンプルに考えるとこれと同じだと思います。経営の場合、目標タイムが売上、利益などの販売数量とかの数値目標になって、途中のトレーニングが事業活動であり各人の行動ということになるのでしょう。
 ゴールまでの過程がきちんと積み上げられていれば、今日するべきことができたかできなかったか、この結果がうまくいっているかもう少し頑張らないといけないかをチェックすることができます。そうすると、結果だけをみて焦ったり、一喜一憂することなく、今目の前のことに集中できます。また、早めに対策をたてて改善することも可能です。
 事業を始めるとお金がどんどん減っていったり、思うように売上げが上がらなかったりして、焦ったり不安になることもあると思います。でも、お金が減っていくのも、売上がなかなか上がらないのも、ある程度想定の範囲内であれば、焦りや不安が少なくなり、目の前のことに集中できるように思います。事業計画を作ったことがないという人は、ぜひ事業計画を作ることをお勧めします。その場合、初めから完璧なものを作ろうとせず、まず作ってみるくらいの感じでトライしてみましょう!

経営計画書を作ってみる。

経営計画書の効果

 ありえないと思われるかもしれませんが、『経営計画書』を作成しているか否かで会社の成績は大きく変わります。"視野が目の前だけの経営者"と"未来のことを見通せている経営者"とで、その差が違うのは当然といえば当然かもしれません。

経営計画書の効果(出展:会計甲子園HP)

(出展:会計甲子園HP

翠正男経営会計事務所は全国72社の会計事務所が参加している会計甲子園のコンセプトに賛同し、参加しています。

お問合せ

料金表

経営計画書(1日コース)
全経営者向け。過年度の決算書をもとに次年度または5か年計画を1日かけて作成するコースです。主に決算書数値を中心として作成するコースです。

50,000円(税別)
(昼食代含む)

経営計画書(2泊3日じっくりコース)
創業まもない経営者や後継者向け。経営理念をはじめとして企業のあり方から決算書数値計画までじっくりと作成するコースです。

500,000円(税別)
(宿泊代含む)

お問合せ

「ホームページを見た」とお伝え下さいますと、スムーズにご案内させていただけます。